Profile

 

アーティスト / イラストレーター

広島県呉市生まれ。短大卒業後、約10年の自動車メーカー勤務を経て、32歳だった1995年に上京。セツ・モードセミナーに入学し、98年よりフリーのイラストレーターとなる。

大手企業広告へも作品を提供し、そのほかにもCDジャケットや書籍の装画など多くの作品を生み出すヒットメーカー。アジアを代表するアーティストの一人として海外での人気も高い。2010年にはNHK「トップランナー」に出演し、話題を呼んだ。

ファッションやグッズにも造詣が深く、20代から60代までのあらゆる世代の女性に人気がある。

「イラストレーション」(玄光社)コンペで第16回ザ・チョイス年度賞鈴木成一賞受賞。14年より「千年陶画」プロジェクトで陶器作品の制作を開始。16年「ブータン しあわせに生きるためのヒント」展(上野の森美術館)のアートディレクションを担当。現在は、東京・軽井沢・福井の3か所を拠点に活動中。夫はジャーナリストの佐々木俊尚。おもな著書に「古事記ゆる神様 100図鑑」(講談社)、「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」(かんき出版)、「クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない!そんな私が、1年間洋服を買わないチャレンジをしてわかったこと」(扶桑社)などのほかに、角田光代との共著「Presents」(双葉社)などがある。

最新刊は『部屋が片づかない、家事が回らない、人間関係がうまくいかない 暮らしの「もやもや」整理術』(扶桑社)

 

公式ブログ http://ameblo.jp/taiko-closet/

公式サイト http://taikomatsuo.jimdo.com/


Favorite Things

旅・おいしいもの・犬が好き。

Movies「ヴァージンスーサイズ」「マグノリア」「フィッシュストーリー」「ララランド」

Booksわたしを離さないで(カズオ・イシグロ) ティンプクトゥ(ポール・オースター) 犬が星見た(武田百合子)1Q84(村上春樹) 百年の孤独(G・ガルシア=マルケス)

Artistsアレックス・カッツ、小倉遊亀、奥村土牛

Musiciansレキシ、ジョイディビジョン、CHAI、Mondo Grosso

Authors武田百合子、田辺聖子、向田邦子、茨木のりこ

Solo Exhibitions

2018年1月「in the forest」六本木ヒルズ A/Dギャラリー

2017年10月「ビバ!広島」広島オリエンタルデザインギャラリー

2016年11月「福馬福鳥」代官山ギャラリースピークフォー

2012年12月「Books love illustration」代官山蔦屋書店

2012年3月「Taiko Matsuo_Layered」広島オリエンタルデザインギャラリー

Awards

第16回ザ・チョイス年度賞鈴木成一賞受賞。

Cliants

サントリー、ハーゲンダッツ、コカコーラ、ユニクロ、マガジンハウス、小学館、講談社、集英社、河出書房新社、早川書房、宝島、電通、博報堂、日本郵便、 三菱地所、森ビル、福井銀行、かんき出版、幻冬舎、扶桑社など。


Born in Hiroshima.
Recieved 'Seiichi Suzuki Award' at the 16th annual "The Choice Awards".
Works include picture books "Sora Ga Takakatta Koro"(meaning "when the sky was high"), collaborations with Mitsuyo Kakuta "Presents" and "Nakushita Mono no Kuni"(meaning "Country of Forgotten Things").
She has designed over 300 books, and is active in many media such as illustrations for various advertisements, magazines, fashion lines, presenting works for museum shops in Roppongi Hills and Shanghai Hills to name a few.
Taiko is popular overseas as an artist to represent Asia.